スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原口そば ・ 上山

hara1.jpg    
  フーテンの寅さん風に言えば「物の始まりが一ならば国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島,泥棒の始まりが石川の五右衛門、山形のそばブームの始まりが原口そば」と言ったところかな・・・人によって源蔵だったりいろいろあるでしょうが。 上山の東の東、畑の真ん中小さな部落のドッパズレ、そんな所にあるそば屋が”こんなに有名になっちゃって”としか言いようがありません。 はじめてやってきたあの日から三十有余年、見かけはボロ屋のままですが、随所に手が入って結構なものになりました。 店の向かいを入っていった所にどっちかというと適当に置いたたいしたことない駐車場も、店の先に移ってなんと舗装されているのです。 えっ?儲かってるんだから?まぁそういうことでしょう。
hara2.jpg  
 全景です。 以前は茅葺きだったのですが、今ではこんなトタン屋根になっています。大家さん曰く「茅にかぶせてあるんだよ」と言うことなんだそうです。  メニューは普通と大盛りそしてそばがき、寒くなると”かけ”を出してくれたような気がしましたが記憶が定かではありません。もちろん酒やビールなんかは常識程度に置かれています。 ここの蕎麦は十割と聞いてますが、舌触りは少々つなぎがあるようななめらかさ、やや平べったい感じでタレの絡みが良く山形にしては薄めのタレなんですがVeryGoodです。 代は変わったのですが、出来はしっかり守られておるようです。 唯一のトッピングメニュー?に生玉子とありますが、”いなかの贅沢品”としての歴史を感じさせるものなのでしょう。 タレに卵を溶いた時なんかは特にそうですが、ドッサリ出される刻みネギを少しとっておき、もちろんお好みですがそばゆにいれて、おかずの漬け物なんかでゆっくりお楽しみ下さいじつに美味しいそば湯です。
hara3.jpg   
 上の写真を撮った所から右の方へカメラを回した所です。 結構広い駐車場が整備されていますが見て欲しいのはその先、なぁ~んにも写っていないでしょう、まぁどのくらいドッパズレなのかご理解下さい。 もっとも県道から原口そばの看板に従って左折した所を右折し、南の方に(写真ですと右)進んで川を渡りますと”こんにゃく番所”や”楢下宿”、その他観光果樹園なんかで少し人気のある『旧羽州街道』に出ます。 そうなりますと柏木峠のトンネルをくぐって高畠方面へ、あるいは金山峠を通って七ヶ宿から白石方面へと道は続いてゆくのです。 hara4.jpg    
 腹が膨らんだら帰り道チョイと寄り道は如何でしょうか、来た道を戻りまして最初の交差点?来た時はそば屋を背に左から来たのですが今度は右折、しばらくすると右手前方にダムの堤防らしき物が見えてきますのでそれを目指して進みます。 生居川ダムと言います、そこで一服でもいいのですが道なりに先へ先へと進みます。 道が狭くなり、やや不安になった頃写真の所に到着いたします。 何のことはない『廃村』で、泥部という部落跡に着きます。 立派な家や朽ちた家が見られます。 田に稲が成ってましたので、時々人は来るのでしょう。  いい所なんですがまぁ仕方ない、完璧な”ドンズマリ”。 歴史の重さと棄村の悲しさ、青空の下の佇まい、何とも言えない感激がこみ上げてきます。 碑の左に道がありまして、車で入っていくとグルッと回って右側に戻るだけですが、3ナンバーくらいのでかい車はここまでにしましょう。 以前日本国古屋敷村のことを書きましたが、あんなもんです。

伊勢そば ・ 東根

ise1.jpg 
 東根の伊勢そば、毎度毎度の色合いと趣のそば屋の入り口です。今の場所に移って何年になるでしょうか”こんなに立派になっちゃって”、駐車場も店の中も広々となりましたが、なんと言っても中がきれいです。 こう言うと以前はどうだったのかと疑問に思う方もおられるでしょうが、まぁこぎれいとは言いがたくそして狭く、でも奥や二階に客がゾロゾロ出入するという、収容能力は大して変わらなかったような気さえする(マサカ)変な店だったのです。 自分の家に帰ってそばを食うとは言いませんが、どこかそんなホッとする雰囲気があったように懐かしく思います。
ise2.jpg 
 いつ来てもこのタレには笑らわされます。 ”そばちょこと”言うよりは”お茶漬け椀”と言った大きさで、辛みは私が入れましたがネギはこのようにぶちまけられて出てきます。 したがいまして、鉢盛りを食うと言うよりは、かけそばの冷たいやつを食うと言った方が適切な表現になってしまいます。 大盛りにしますと鉢からこぼれ落ちんばかりの盛りで出てきます。 余計なお世話ですが、タレをいっぱいつけて食べないと、そば湯を飲む時悩んでしまうかもしれません、とにかくタレを消費しましょうそのくらい多いです。 そういう意味ではもう一つの名物超堅揚げのかき揚げをいくらかでも柔らかにするべくたっぷりお浸けになるのもいいでしょう。 しかしこのかき揚げ、いつも言いますがとにかく堅い。 箸を2本垂直に突き刺して、手まで使って分けないと一口分はできないと言ってもいいくらいなのです。 ところで、このかき揚げ、以前はいつ行っても冷たかったのでいつ揚げるんだろうと話題になったこともありましたが、この頃早めに行くとほんのり暖かさが残っていることがありまして、やっぱりその日に作ったものだと安心しました。
 ise3.jpg 
 店を出て右方向に数十メートル行きますと、左手に前の店があります。今は何もしていませんが、どこか懐かしいたたずまいです。 これでも直した後ということですので、その前はどんな風だったのでしょう。 写真は店の前を右折して駐車場だったところから撮っています。 ほんの一足なんですが、お天気によっては右側の田んぼのそばに停めたりしていました。
 こう言っては何ですが、山形のそば屋は場所は選ばない! どんなとこでも立派に成り立つという典型的な例ではないかと思います 

金目そばの館 ・ 小国

金目1
  しばらくぶりで 金目そばの館 を訪ねてみました。 小国のハズレ、あいかわらずその先は山だけといった感じで安心?しましたが、少しイメージが変わってました。 以前唯一”カネメ”のものと申しあげた熊の皮はありませんでしたし、何となく”ド田舎”の感じが薄れているような気がいたしました。 さて、この日は来客の見込みが狂ったらしく、オカァサンもヘトヘト顔で、さんざん待たされた挙げ句ふと見るとオヤジがそばを捏ね始めるといった按配で、七兵衛なみの待ち時間でした。 まぁそれでも、ここまで来ると「もおいいは」(もう結構です)と言って席を蹴る気にもならず、諦めてタップリお待ちいたしました。 どおせ待つならもっと待つから”あの打ち立てを!”と思ったのですが、残念ながら私に出されたのは打っておいたやつの最終でした。  で、そばの話は止めますが、300円の天ぷらと”この辺だけで採れるという あざみ”の煮物は大変結構でありましたことはお知らせいたしておきます。 ホントにオススメです、飲める体制で行ったのでしたらスーパードライを友にあと一時間は待てます。金目2  
  帰りがけレジのそばで見つけた『行者ニンニクのタネ』、これで300円です。 植え方を聞いてみたところ、オヤジが出てきて教えてくれました。 それ自体はたいしたことないのですが、「食べられるようになるには5年はかかるよ」と聞いてびっくり。 店の入り口に案内してくれまして指し示すところに寄れば、向かって左側にある鉢植えの小さい万年青のようなやつが2年目だそうでして、「エッ!」と絶句の私を見て”ニヤリ”、右側にあるのが5年目だそうでして納得の行者ニンニクサイズでした。 一応挑戦してみようと1袋買って来ましたが、そばと一緒で”食べる人”に徹した方が『よりよい人生』を送れそうな気がします。(5年なんて、とてもとても・・・・) 金目3 
 小国の町から行く時でも帰る時でもお立ち寄りください。 1300年の歴史がある『大宮子易神社』、創建は和銅5年(712)に事任神社を勧請したのが始まりで、安産、子授け、子育ての神として信仰されているそうです。 前編で若松様に良縁をいただいた方には特にお勧めかと存じます。 
 しかし、それにしてもさすがは山形(小国)、まったく馬鹿じゃないの!、”若松様”といい”ここ”といい 、こんなに歴史とご利益のある寺社仏閣があるのに、しかもおいしい”そば屋”付きなのに、まぁお伊勢様や善光寺様とは言わないけれど、もう少し宣伝なりなんなりやる気ないのかなぁ、「このノーナシが!」と嘆かわしく思います。 ちなみにおかげさま的なお店は一軒もなく、休日の午後なのに駐車場はカラッポ、ろくに車も通らない道路にただむなしく旗がはためいておりました。

弁天そば ・ 作谷沢(山辺)

benten1.jpg  新規開店一ヶ月チョイ!行ってきました。  他のこの手の店と違って”そば屋”というよりは”産直”といった建物、『古民家』ではなく『新品チョイ安作り』といったところです・・・まぁいいでしょう、まずはもうけてからなんでしょうし、問題はそばですので。
 よく聞けませんでしたが、そばは地物だそうでパネルにして生産過程を店内に展示してありました。まぁ二八位かと思います、ボソッとした田舎そばで大変結構です。 今は去年のそばなんでしょうから黙っていただいておいて、新そばの頃どのくらい香りが上がるか楽しみにすることといたしました。 一般的にこういう田舎そばのタレは、かなり濃い目の物が多いのですが、こちらは意外と”甘め”でより万人向け、「しょっぱいしょっぱい」と顔をしかめられることもないようです。 
benten2.jpg
  見て下さいこのお品書き、愛想もくそもない”そばだけ”、無くったってなんの不便も無い。 どっかの店もそうですが、店に入ったら人数言えばそれで終わり。 後はせいぜい「大盛りあっか?」、「酒あっか?」、「ビールあっか?」、それですべて、そんなもんでしょう。 一緒に行った人の情報に寄れば、打ち手は五人位いるんだそうで、行くたびに歯がかりやのどごしが違っているなんて事があるかも知れません。 まだパンフレットもないみたいでしたし、けっこう忙しそうで聞きにくい雰囲気なんですが、まぁおいおい尋ねてみたいと思います。benten5.jpg  県道から曲がってまもなく、右手に弁天様が祀られております。 車が2~3台位なら止められるスペースがありまして、すぐそばに冷たい水が滾々と湧き出ています。 水をくみに来る人、顔を洗う人、さまざまな人を冷やしてくれています、いや癒してくれています。 そばやもたぶんそんな水を使っているのでしょう。 どうして西山は水が豊かなのか、確かに少し上の方には沼がたくさんありますが、何よりも水を含みやすい地形なんでしょうか地質なんでしょうか。 ただそれにしてはすそ野の方はそんなに山の水が多いということを感じないのですが。



獅子宿 燻亭-長井

燻し1 
どこにでもある百姓屋、茅葺きが古くささを引き立てています。 その名の通り、外にも中にも獅子頭が置かれてありまして、”お神楽が怖い”子供にはもしかして好かれないかも知れません。 店内はこれまた名前の通り、中はたっぷり燻されて薄暗く、チョット『レトロ調』、天井が高くどこか懐かしい感じがいたします。 そばは細めタレは濃いめですので、たっぷり付けるとチョットしょっぱいかも知れません。 そばともう一つ餅がメニュ-にありまして五つの味とのセットが1200円ですが、1口づつとはいえお餅ですので、♪よ~く考えよ~と言ったところです。  因みに五つの味とは納豆、ずんだ、ごま、小豆、くるみとなってます。
燻し2
 入り口に向かって右手、建物の端の所に鎮座まします。 この町の獅子頭は黒獅子で、その舞は結構古い伝えがあるんだそうですが、ハッキリとした歴史は分からないのだそうです。 町の人たちもそんなに大した物とは思っていない方が多く、こちらから尋ねてみると「んだそ(そうですよ)」と言ってなにやらいろんな事を話してくれます。 以前長井の本町メインストリートにギャラリーがありましたが今はどうなっているのでしょうか、なにせメインストリートとはいっても人通りの少ないどこにでもあるシャッター街ですので、、、、、、  まぁ地元の人にとっては、あってアタリマエの何でもないものなのかも知れません。 ネットなんかでご覧になっても『それが答えだ』は見つからないと思います。 他の町の御神輿みたいな物なんでしょう、誰か知っていたら教えて下さい。燻し3
中は”燻されて”いますので薄暗く、しっとりした感じがします。そこら中に獅子頭が飾ってありますので、待っている時間退屈はしません。 写真のような1~2人席の他、ごく普通の4~5人机の席、そして座るのが大変な方向けにイス席もいくつかあります。 また、入り口の所から2階へ上りますと、民具などが展示されている所がありますので、興味のある方は帰りにでもご覧になって下さい。 ただ、古い建物ですので十分お気をつけてと付け加えておきます.
燻し7
すぐ近くに有名な久保の桜があり、これが夏の姿です。 釜の越し桜同様今では柵に囲われ触れることはできなくなっています。 つっかえ棒だらけで、どこか痛々しく、生きていると言うよりは恐竜の化石のような感じで、生かされているといった方がピッタシのような気がします。 しかしそれでも春になれば、忘れること無く花を咲かせ、千年以上も前から訪れる人にやすらぎを与えてくてれます。いまは来春に向けてエネルギ-を蓄えているのだと信じます。 また、隣接する伊佐沢小学校の校庭に取り木をした二代目があり、順調に育ってきております。駐車場から見ると名札を下げた木が校庭に見えますのですぐにわかるでしょう。
プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。