スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樽石そば ・ 村山

taru1.jpg
村 山の 樽石そば に久しぶりに来てみました。 ここも大分ご無沙汰でもしかしたら10年以上ぶりなもんでしたので、上品なかつてのお嬢様ばぁちゃんはもしかして、、、なんて思いながら行ったのでした。 が、なんのなんの相変わらず元気にお客さんの相手をなさっておりました。  新聞やテレビをよくご覧のようで、時事、社会、政治も何でもOK! 地元の国会議員もバッサリで、こりゃたいしたバーサンだ、と言うことで当分心配ご無用!でした。  行くことがありましたらぜひお話ししてみて下さい、なんと90過ぎとは思えないきれいな手をしていて、おしゃれな和服でチョロチョロしています。
taru3.jpg
   その名物バーチャンを誰かが人形にして下さったとのことで飾ってあります。 実に感じがよく似た出来で、ご本人もお気に入り?のようです。 気のせいか少しそばが変わった?ような気がしました。 まぁ私が年をとったからかもしれません。  10割ではないでしょうがしっかりした歯がかりで噛むときに香りがするようです。 盛りが結構ある上におかずもしっかり出てきます。 玉こんにゃくはもしかして”自作”、どんだけ煮込んだのか中の中まで”しょうゆ色”、こりこりした感じです。 残念ながら先日はキクラゲが小鉢にどっさり出され、同行者が喜んで私の分までいただいておりました。
taru5.jpg
お蔵がありまして、そちらでいただくことも出来ます。  写真は脇の方の階段状の小物タンスです。  前回はおばあちゃんが居ましたので片っ端から開けましたが、今回は店の人が居ませんでしたので遠慮しておきました。 確か以前は
昔の印刷物なんかが入っていたと思います。まぁ機会があったら一応お断りして見せてもらってはいかがでしょうか、大変貴重なものと思えるものがあったと思います。
taru4.jpg
   お時間ある方は、帰りにそば屋を出る時、来た時の逆に左折して進んでみましょう。 5~6分も進むとこんな建物が見えてきます。 これが噂の 樽石大学です。 普通は人の姿がありませんが、事前に連絡しておくと学長?さんのお話が聞けるのです、かつて駅前クラブが受講いたしました、教授だったかな? で、そばの流れ沿いに進むとまた施設があって、かつて読み間違った 清水衛殿(しみずまもるどの ではなくって しずえでん、なまって すずえでん)の写真なんかがあったと思います。 その後写真の建物の向かいに 第二校舎が建てられたようで、宿泊なんかも出来るようです。 私が写真を撮った場所は、整備された駐車場で自然水取得の設備がされておりまして、いろんな方がポリタンクなんかを持ってお出でになるようです。 ここは一応ただなんですが、設備の維持にご協力くださいという張り紙や、目安の金額が書かれてありますので、ぜひご賛同いただければと思います。 なお、無人の店がありまして山の幸を売っております。私は栗を求めてきました、大きいやつで一袋150円でした。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。