スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大梵字 ・ 鶴岡

bon1.jpg
 自動車道が出来る前は、月山道を進んで庄内側に下りると”米の粉ドライブイン”という『道の駅的な施設?』がありまして、今は止めちゃいましたが向かいににアマゾン博物館とかトンネル利用のワインセラーがあったりして、何となく暇つぶしが出来た場所がありました。 そのちょっと鶴岡寄りに”道の駅”の看板を下げたスペースが出来まして、そこのはしっこに 大梵字  というそば屋が後から出来たと覚えています。 記憶のミスなんでしょうか、何となくですが多層民家の朝日村になんかつながりがあったような気がします。  位置的に昼前後に通る場所でもないものでして、なんと今回初めて「ごらいて~ん」となりました。  最初に情報をくれた友人は仕事で結構行き来が多かったようで、一番おすすめだよと言っていたのを思い出します。 場所が国道沿いですので気軽に寄れますし、雰囲気をお気に入りのようでした。 あれから何年、その方も転勤してしまい話にも出なくなりましたが、今回ふと思い立ってやってきたわけです。
bon3.jpg
  地物のそばを使いその日の分はその日に挽くのだそうでしてそれは結構な拘りということです。 タレも庄内側は比較的薄めというか軽めのだしでして、山形側と比べますと同じようにオカカのだしなのですが少し違いを感じます。 帰りに売り場でトビウオだしのタレを求めてきましたが、これが多少入っているのかもしれません、聞けば良かったんでしょうが。 入り口にそば打ちの作業場がありまして、こんな石臼が鎮座ましましておりました。 御影石?なんでしょうか、石臼で光沢のあるやつはあまり見たことなかったものですから、めずらしく感じました。  この日はスペシャルメニューで”月山筍膳”とかで、太~い月山筍の天ぷらと筍汁付きのをいただきました。 たいへん結構でした(1600円)。
bon4.jpg
  帰り道、少し逸れて即身仏の大日坊へ寄りました。 この辺り、湯殿山系の寺社には以前よりそれぞれのプライドがありまして、それぞれの思いと信念があります。 いちいち聞いていると混乱してきますのでそれなりにお聞きください。 親切にと言うか熱心に解説下さるところもありますが、お寺さんの話はパスしても決して怒られることはありませんのでご安心ください、なにせ相手は神様仏様です。お賽銭あげてお参りすれば「よしよしよく来た」と願いを聞いてくださるも、怒ったりバチを当てたりは決してなさいませんでしょう。 それでなくとも最近はどちら様へお参りに寄っても賽銭箱がイッパイありますようで、、、、、、。
  ところでこれは大日坊より案内板に従って5分くらいの所にある「皇壇スギ」でして、景行天皇の子、御諸別(みもろわけ)皇子の墓所とされております。 樹齢1800年といわれ、全ての流れを見てきたのでしょう、どことなく神秘的で凡人は圧倒されそうになります。 言うなれば”出羽の縄文杉”とでも・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。