スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かく長 ・ 長井

kaku1.jpg
  長井の旧?メインストリートを北進し駅を左にさらに2~3分、左手にそば屋の旗を見つけることができます。 車でおいでの方は、写真の右端を左折するとすぐ右側に駐車場がありますのでOK。 ご覧の通りの古い店でどこにでもある町のそば屋です。 そばは細打ちと太打ちがありますので、注文の際確認して下さい。 町中のそば屋ですが、そばちょこはかなりでかく、前述の伊勢そばよりも大きいかもしれません。 でもそこは町中、”いいとか悪いとか”ということではなくずっと上品?なタイプです。 町外れの田舎そばばかり食べていると妙に味わいを深く感じるものです。これまた”いいとか悪いとか”ということではありませんが。
kaku2.jpg  
 これは冬場のおすすめメニュー、残念ながら鳥が主役!困ったもんです。  まぁ私はこの手のものは相手にすることなく、ひたすら もり!  お昼の時間だとランチというわけでもないのでしょうが、かき揚げ天ぷらをつけたメニューもあるようです。 ところで、店に入ると正面やや右奥にそば打ちのスペースがあります。ガラス張りでよく見えますのできちんとしています。 そちらに興味のある方には勉強になるでしょう。

kaku3.jpg 
 一枚目の写真でご案内しました駐車場に曲がると分かりますが、正面奥にこんな建物が見えます。 小桜館(旧西置賜郡役所)で明治11年に建てられ、現存するなかでは全国で二番目に古い郡役所なんだそうです。 行ってみてもいいですが、行事やイベントでもなければ大概は入ることもできないようです。 市の文化財として、市民の文化・芸術活動の場として利用されているということだそうす。 ところで長井は小桜という言葉がよく使われます。 スポ小、各種団体、幼稚園、公園、お菓子、お酒、おまけは私の知ってる小桜会(実態はうば桜の同窓会)などなどなんでもあるのです。 かつて片倉小十郎景綱の居城であったとも言われている小桜城(城趾:今はただの空き地)に因んだものと思われますが言葉の響きはやわらかでいい感じです。
kaku5.jpg 
 小桜館のそばにある案内板です。 左下のツツジ公園は5月、右上の野川を挟んで6~7月はアヤメ公園、そして9月ははぎ公園、その他久保の桜などの古代桜など、町は貧乏ですが花咲き乱れる美しいところです。
http://www.nagai-townnavi.com/
 
  余談ですが、「一つ前の伊勢そばが一度は消えて再び出てきたら中身が違う、”よいお年を”が無くなって
  年を越えてしまってる」との指摘がありました。 実はチョイとしたしくじりで一本消してしまいまして、
  書き直したのですが少し変わってしまいました。 気に障ったらごめんなさいとは言いますが、反省はしま
  せん。  またやらかす可能性があるからです、はい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。