スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森久 ・ 東根

森久1
 東根市の大森工業団地のど真ん中を仙台方面へ向かう大通りを進み、団地を抜けますとすぐ右手に東根体育館がみえてきますのでそれを目印にさらに進みます。3~400m位先の今度は左手に”石臼十割そば 森久”と書いた大きな看板がありますので苦労せずにたどり着けると思います。 比較的大きなそば屋で、結構人気店になっています。 メニューも少しありますので選ぶことができますし、そばの盛り具合も少し多め(値段比)のような気がしています。 私の場合たいがいはゲソ天付きの板そばにしますが、ここはげ天と行っても2~3個野菜天も付いてきましてお得感があります。 先日目にしたのですが最近はやりの『早割』があるようで、10時~11時に入店すると200円引きとか書いてありました。期間限定等だったかどうかは見てきませんでしたので、あくまでも自己責任で行くなり聞くなりなさって下さい。 やるもんだなぁと言うのが感想でしたが。
森久2
 ここのサービスで特徴的なものですが、サラダや漬け物、おろしなどの薬味のコーナーがありましてなんと食べ放題となっています。 この日はなす漬け、大根とキュウリの浅漬け、サラダといつもの通り大根おろしをタップリ持ってきました。 これでそばが来るまでお茶を飲み出すと止められなくなりまして、たとえば混む日なんかは漬け物もお茶もおかわりをしてしまい、そばが来た時は結構”ガポガポ”状態で、反省したこともありましたのであらかじめお知らせしておきます。 わたしはおろしタップリでいただきます、そばタレもタップリ出してくれますので心配ありません。 唯一そば湯をそばと同時に持ってきますので、ゆっくり食べるとそば湯が冷めてしまうというのが改善希望点であります。 そうじゃない時もあったような気もいたしますが・・・・・
森久3
 そば屋を出て工業団地方面へ戻り、体育館のハズレの道を左に曲がってゆっくり進みますと左に曲がる細い道があり、すぐ先に磨崖仏への案内が見えます。案内に従って山道?を行きますと1分ぐらいで着きますので時間があったら寄ってみて下さい。 山形では珍しい磨崖仏があります。
 まぁバーミヤンを頭に浮かべた方にはガッカリされるかも知れませんが、話のネタ位にはなるでしょう。 なんでこんなものがこんなところにと言うか、今まで見聞きしてきた山形の仏教には馴染まない、どこかナゾめいているものを感じます。 答えは出ませんが物好きな方は、東根の町中に『東の杜資料館』という以前は”東養老”という酒蔵(現在は六歌仙と統合されているそうです)だった所がありまして、管理人(学芸員?)さんが、なんかヒントになるかも知れないようなお話をして下さいます。 因みに入場無料です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【森久 ・ 東根】

 東根市の大森工業団地のど真ん中を仙台方面へ向かう大通りを進み、団地を抜けますとすぐ右手に東根体育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。