スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金目そばの館 ・ 小国

金目1
  しばらくぶりで 金目そばの館 を訪ねてみました。 小国のハズレ、あいかわらずその先は山だけといった感じで安心?しましたが、少しイメージが変わってました。 以前唯一”カネメ”のものと申しあげた熊の皮はありませんでしたし、何となく”ド田舎”の感じが薄れているような気がいたしました。 さて、この日は来客の見込みが狂ったらしく、オカァサンもヘトヘト顔で、さんざん待たされた挙げ句ふと見るとオヤジがそばを捏ね始めるといった按配で、七兵衛なみの待ち時間でした。 まぁそれでも、ここまで来ると「もおいいは」(もう結構です)と言って席を蹴る気にもならず、諦めてタップリお待ちいたしました。 どおせ待つならもっと待つから”あの打ち立てを!”と思ったのですが、残念ながら私に出されたのは打っておいたやつの最終でした。  で、そばの話は止めますが、300円の天ぷらと”この辺だけで採れるという あざみ”の煮物は大変結構でありましたことはお知らせいたしておきます。 ホントにオススメです、飲める体制で行ったのでしたらスーパードライを友にあと一時間は待てます。金目2  
  帰りがけレジのそばで見つけた『行者ニンニクのタネ』、これで300円です。 植え方を聞いてみたところ、オヤジが出てきて教えてくれました。 それ自体はたいしたことないのですが、「食べられるようになるには5年はかかるよ」と聞いてびっくり。 店の入り口に案内してくれまして指し示すところに寄れば、向かって左側にある鉢植えの小さい万年青のようなやつが2年目だそうでして、「エッ!」と絶句の私を見て”ニヤリ”、右側にあるのが5年目だそうでして納得の行者ニンニクサイズでした。 一応挑戦してみようと1袋買って来ましたが、そばと一緒で”食べる人”に徹した方が『よりよい人生』を送れそうな気がします。(5年なんて、とてもとても・・・・) 金目3 
 小国の町から行く時でも帰る時でもお立ち寄りください。 1300年の歴史がある『大宮子易神社』、創建は和銅5年(712)に事任神社を勧請したのが始まりで、安産、子授け、子育ての神として信仰されているそうです。 前編で若松様に良縁をいただいた方には特にお勧めかと存じます。 
 しかし、それにしてもさすがは山形(小国)、まったく馬鹿じゃないの!、”若松様”といい”ここ”といい 、こんなに歴史とご利益のある寺社仏閣があるのに、しかもおいしい”そば屋”付きなのに、まぁお伊勢様や善光寺様とは言わないけれど、もう少し宣伝なりなんなりやる気ないのかなぁ、「このノーナシが!」と嘆かわしく思います。 ちなみにおかげさま的なお店は一軒もなく、休日の午後なのに駐車場はカラッポ、ろくに車も通らない道路にただむなしく旗がはためいておりました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【金目そばの館 ・ 小】

  しばらくぶりで 金目そばの館 を訪ねてみました。 小国のハズレ、あいかわらずその先は山だけとい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。