スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原口そば ・ 上山

hara1.jpg    
  フーテンの寅さん風に言えば「物の始まりが一ならば国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島,泥棒の始まりが石川の五右衛門、山形のそばブームの始まりが原口そば」と言ったところかな・・・人によって源蔵だったりいろいろあるでしょうが。 上山の東の東、畑の真ん中小さな部落のドッパズレ、そんな所にあるそば屋が”こんなに有名になっちゃって”としか言いようがありません。 はじめてやってきたあの日から三十有余年、見かけはボロ屋のままですが、随所に手が入って結構なものになりました。 店の向かいを入っていった所にどっちかというと適当に置いたたいしたことない駐車場も、店の先に移ってなんと舗装されているのです。 えっ?儲かってるんだから?まぁそういうことでしょう。
hara2.jpg  
 全景です。 以前は茅葺きだったのですが、今ではこんなトタン屋根になっています。大家さん曰く「茅にかぶせてあるんだよ」と言うことなんだそうです。  メニューは普通と大盛りそしてそばがき、寒くなると”かけ”を出してくれたような気がしましたが記憶が定かではありません。もちろん酒やビールなんかは常識程度に置かれています。 ここの蕎麦は十割と聞いてますが、舌触りは少々つなぎがあるようななめらかさ、やや平べったい感じでタレの絡みが良く山形にしては薄めのタレなんですがVeryGoodです。 代は変わったのですが、出来はしっかり守られておるようです。 唯一のトッピングメニュー?に生玉子とありますが、”いなかの贅沢品”としての歴史を感じさせるものなのでしょう。 タレに卵を溶いた時なんかは特にそうですが、ドッサリ出される刻みネギを少しとっておき、もちろんお好みですがそばゆにいれて、おかずの漬け物なんかでゆっくりお楽しみ下さいじつに美味しいそば湯です。
hara3.jpg   
 上の写真を撮った所から右の方へカメラを回した所です。 結構広い駐車場が整備されていますが見て欲しいのはその先、なぁ~んにも写っていないでしょう、まぁどのくらいドッパズレなのかご理解下さい。 もっとも県道から原口そばの看板に従って左折した所を右折し、南の方に(写真ですと右)進んで川を渡りますと”こんにゃく番所”や”楢下宿”、その他観光果樹園なんかで少し人気のある『旧羽州街道』に出ます。 そうなりますと柏木峠のトンネルをくぐって高畠方面へ、あるいは金山峠を通って七ヶ宿から白石方面へと道は続いてゆくのです。 hara4.jpg    
 腹が膨らんだら帰り道チョイと寄り道は如何でしょうか、来た道を戻りまして最初の交差点?来た時はそば屋を背に左から来たのですが今度は右折、しばらくすると右手前方にダムの堤防らしき物が見えてきますのでそれを目指して進みます。 生居川ダムと言います、そこで一服でもいいのですが道なりに先へ先へと進みます。 道が狭くなり、やや不安になった頃写真の所に到着いたします。 何のことはない『廃村』で、泥部という部落跡に着きます。 立派な家や朽ちた家が見られます。 田に稲が成ってましたので、時々人は来るのでしょう。  いい所なんですがまぁ仕方ない、完璧な”ドンズマリ”。 歴史の重さと棄村の悲しさ、青空の下の佇まい、何とも言えない感激がこみ上げてきます。 碑の左に道がありまして、車で入っていくとグルッと回って右側に戻るだけですが、3ナンバーくらいのでかい車はここまでにしましょう。 以前日本国古屋敷村のことを書きましたが、あんなもんです。
スポンサーサイト
プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。