スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味代乃-白鷹

miyono1.jpg 
 山形から白鷹に入って町立病院のところを右折、すぐにこんな光景が見えてきます。この写真のやや手前右側が町立病院の正面玄関への入り口になります。 何度かあった笑えない話、「教えてもらって行ったけど、シャッター降りてて休みだったよ」ということで引き返したんだそうです。 まぁなんと申しましょうか、そこは店じゃない倉庫か何かで、店はその隣、電信柱のところなんですよ。 毎年11月の下旬から3月の末頃までの期間限定のそば屋です。  まぁ休みのそば屋に見えなくもないか・・・
miyono2.jpg 
 あと30メートル進んでここまで来ると分かっただろうに、惜しかったね。 一応ここは予約必須なので(平日は何とかなることも多いのですが)やはり電話してから行った方がいいと思います。
miyono3.jpg 
 これが名人の漬け物です。 西置賜は漬け物に㎏単位で砂糖を入れます、なすだろうがたくあんだろうが、とにかく山形なんかの倍以上は入れるのです。 結果として”つや”がよく、どちらかというと”ご飯のおかず”よりは”お茶うけ”がお似合いの漬け物になります。 ネギの手前の赤いやつは唐辛子の薬味です、製法特許といった感のあるやつで、ここと今はやめてしまった”松野そば”で出してました。 前に申しあげましたがこの二軒は兄弟でして、松野が兄さんだそうです。 たぶん親の代からの受け継ぎものなんでしょう。
miyono4.jpg
 食べ終わったら、国道を長井の方へ向かってみましょう。2~3分で左側に『産直』が見えてきます。 そんなに大きくはありませんが、結構安くていいものがあります。 野菜もの、その辺の”オカァサン”の漬け物、特に春の山菜はその辺でとってくるからでしょうか、自分が採ってきたばかりといった感じで、なかなかなものと思います。 漬け物はいかにも地元風の”オバチャン達”がおられましたら、誰のがおいしいかと聞いてみて下さい。 「この人は**の名人よ、んだげど高くてねぇ」といった感じで教えてくれます。 味は良いんでしょうが、必ず”高い!”がついてきます。 私の感想としては高くてもうまかったのですが、も少し安けりゃもっとうまかったのかも知れません、生産者の写真もありますので参考にはなるんじゃないかと思います。  ところで、ここは中で写真を撮るのが自由ではないようでした。 何か撮られて困ることがあるのかと探ってみましたが、なんなんでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

そば黄門

Author:そば黄門
山形そば黄門漫遊記/続山形そば黄門漫遊記としてダラダラ書いてきましたが、ちょっとネタ切れになってしまいましたので、しばらくは写真を並べてみようと、あんちょくに考えてしまう程度の発想しかないただのそば好きです。 良かったらおつきあい下さい。
写真は真実ですが、コメントには少々行き過ぎと嘘があるかもしれません。 例によって文句に傾ける耳はありませんので、ご勝手に願います。

山形駅前クラブ発行のそばマップはこちらから申し込み下さい

そばマップ申し込み

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。